スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
勉強7日目。
今回は取引のまとめ、仕訳帳総勘定元帳の記入方法についてです

まずは仕訳帳

日付借方科目金額貸方科目金額
4/3現金100借入金100


こんな感じで、縦に仕訳をし、借方科目・貸方科目には
それぞれ勘定科目を記入していくんです

その後に総勘定元帳の作成

               現金
日付 相手勘定 金額日付 相手勘定 金額
4/3   借入金   100


              借入金
日付 相手勘定 金額日付 相手勘定 金額
4/3     現金   100


相手勘定とは、仕訳で反対側にある勘定科目のことです

総勘定元帳勘定科目別に作成するんですよ
なので、勘定科目の分だけ存在することになります
ちょっと大変そうですね
スポンサーサイト

テーマ:勉強日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2007/04/03 22:11] | 簿記 | トラックバック(0) | コメント(25) | page top
勉強6日目。
またまた続きで、今日は2種類のノートの2つ目、仕訳帳についてです

実際によく使うのは総勘定元帳らしいのですが、
取引の誤記入を防ぐためにこの仕訳帳が活躍するってわけです

前回の勘定って覚えてますか
勘定、つまり金銭の出入にも名称があって、
   借方貸方にわけられるんです

借方→資産の増加     貸方→資産の減少
    負債の減少          負債の増加
    資本の減少          資本の増加
    費用の発生          収益の発生


このように仕訳して記入する決まりになっています

仕訳帳総勘定元帳についてわかったところで、次回はその記入方法についてお話します

テーマ:勉強日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2007/03/31 17:07] | 簿記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
勉強5日目。
ではでは、昨日の2種類のノートの話の続きに行きまーす
特に今日は総勘定元帳についての一部をお話します

勘定とは金銭の出入のことなんですが、
この勘定にはグループ科目があるんです

●勘定のグループ→資産・負債・資本・収益・費用の5種類
    以前、貸借対照表損益計算書のとこででてきましたよね

●勘定の科目→それぞれのグループの詳細のこと
    例えば、現金・借入金・資本金・商品販売益・給料
    などなど、挙げればきりがないのでこれくらいで

これを利用してどのように記入していくのかはまた今度~

テーマ:勉強日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2007/03/30 16:35] | 簿記 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。